ブログ

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る

2018年03月15日

吉備国際大学Charme岡山高梁吉備国際大学Charme岡山高梁

text by No.13 寺島 志乃

カンボジア研修!

こんにちは
今日ブログを担当するのは、背番号13番のてらです

さて、今日は1月に参加させていただいた、カンボジア研修についてお話しようと思います
1/24~29の6日間、広瀬選手と天野選手と一緒に、ロータリークラブ様が企画する、カンボジアボランティア研修へ行かせていただきました
ロータリークラブ様は20年前、カンボジアに圓山小学校とサマメトーレ小学校という二つの学校を建設し、毎年ボランティア活動を行いにこの時期にカンボジアへ出向いているそうです。他にも、日本へ留学したいと願う子供達をみんなで支援したり、学びたいのに金銭面の関係で学校へ行けない子供達を支援してらっしゃいます

このボランティア活動には、私達の他にも、大先輩であるふみさんや、ゆうなさんも数年前に参加されていて、私も一年生のころからずっと行きたいと思っていた活動でした三年生になりやっと行けると決まってとってもワクワクしていました
実は、初海外でもありました

カンボジアでは、現地の小学生の子供達へ歯科検診やブラッシング指導を行なったり、サッカーの指導をさせていただきました

0315KIbi1.jpg


学校全体で歓迎してくださり、歌を歌ったり、曲を演奏して迎えてくれたのですが、子供達のきらきらした目を見て涙が出そうになりました。
サッカーを一緒にしたのですが、向こうの子達は裸足でサッカーをするんです
私たちが使うのと同じボールを裸足で思い切り蹴飛ばすのをみてびっくりました
それと同時に、練習着をたくさん持っていること、スパイクを履いてサッカーできること、全てが当たり前のことではないんだとわかりました。

0315Kibi2.jpg

ボランティア活動の他にも、現地の方々にナイトマーケットやプノンペンを案内してもらったり、あの有名なアンコールワットやクメールの微笑みなどの遺跡巡りなどもさせていただきました
教科書でしか見ることがないと思っていたものが目の前にあることが信じられませんでした

0315Kibi3.jpg

0315Kibi4.jpg

0315Kibi5.jpg

今回カンボジアへ行かせていただいて、学校へ行かずに働いている小さな子どもや、汚れていたり破けている服や靴を履いて生活している人を実際にみて、自分たちがどれだけ贅沢な生活を送っているかを知りました。
毎日の暮らしや、サッカーをできていること、学校へ通えていること、全てにありがたみを感じました。

全てのことへの考え方が変わったと思います。
とてもいい経験になりました

観光としてもカンボジアはとても魅力的な国なのでぜひみなさんも一度行ってみてください

315Kibi6.jpg

いつもシャルムの応援ありがとうございます

新チームがスタートし、今シーズンいいスタートがきれるように練習を積んでおります

最後までありがとうございました

3年 #13 寺島志乃

このページを共有する
  • ツイートする
  • シェアする
  • Google+で共有する
  • ブックマーク
  • LINEで送る